に投稿

11月のつぶやき 街で人と出会う

合同会社ふくわらい代表の中村が毎月つぶやきます。
*************

はじめて就職し、横浜市の鶴見区役所で働きはじめた。
区民活動支援係といってまちで活動している人達を応援するのが仕事だった。

行政の担当職員としてさまざまな人に出会った。
鶴見にすむ日系の外国人の人たち。
まちを盛り上げようと活動する人たち。
商店街で古くからお店を営む人たち。
生まれたときから鶴見に住んでるおじいちゃんたち。
サークルを始めたママさんたち。

仕事を通してさまざまな人に出会った。
鶴見は「〇〇さんや▲▲さんのいるところ」になった。
それまで私にとって「街」は拠り所なくフワフワとさまよう所だったが、
鶴見での仕事を通し街は大切な誰かがいる場所となった。
その中に自分もいることに喜びを感じた。

仕事を通して「街」で暮らす人と出会ったとき、
のっぺらぼうだった街が立体的にみえ、いとおしくなり、
その人たちと関係しながら、自分も役割を果たし続けたいと思うようになった。